高橋大輔の「切手セット」購入キャンペーン


2016年6月17日

切手の再利用について

Category: 切手Tags: – 作成者: admin – 12:00 AM

たまに「切手の再利用はできますか?」という質問を見かけますが、押印が押されてる切手は、使用済みのため、再使用は法的に不可能です。
しかし未使用の切手の再利用は、法的に問題ないと思ってます。私も小学生時代に葉書を書く前に切手を貼ってしまい、書き損じたため、
その貼った切手を再利用したことがあります。その再利用の方法は、切手の周囲のみを、はさみで切りまして、桶に水をためて、それに切った切手をつけて、ひたすら剥がれるのを待ちました。剥がれてからは、乾かして、再利用をしました。再利用の際は、葉書に書くべきことを、書いてから、貼りました。この苦い経験から、今もですが、葉書もしくは封筒に必要事項を書いてから、ポスト投函か、郵便局に送付手続きする直前に、貼ることにしました。これが今では、習慣になってます。この方法を知る前は、シールを剥がす要領で、切手を剥がそうとしましたが、うまく剥がせませんでした。半分のところで切れてしまい、使えなくなり、損をしました。決して、使用済みの切手を剥がして使うってことはしてません。いえ、できません。珍しい切手といえど、すぐに捨ててしまいます。以前ありました、40円切手などは、不足分を購入して、使ったことはあります。その貼った、封筒や葉書は、見栄えがよくないですが、問題ないって思ってます。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 | TrackBack URI

コメントする

XHTML (folgende Tags sind erlaubt): <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> . Kommentar-Vorschau ist aktiviert (Javascript wird benötigt).